健康食品の海外展開を考えている

ケーススタディ
ケーススタディ

健康食品業界F社様

海外のクライアントや国内代理店の協力のもと、海外での自社商品展開も行っている井藤漢方製薬。

各国のブームやトレンドについて常にアンテナを張っているため、海外への商品展開に関するご相談対応、ご要望に応じた戦略立案なども可能です。オリジナル商品の製造はもちろん、井藤漢方製薬ブランド商品でのテスト販売についても、輸出先国によってはご対応できます。

導入の背景
導入の背景

健康食品の海外展開を考えているが、
どのような商品が良いかわからない。

アジア圏での健康食品の展開を検討中というF社様。

しかし全体的に情報が不足しているため、どういった製品を販売すれば良いのか、判断材料に乏しい状況でした。そこで井藤漢方製薬に「商品の提案から行ってほしい」とのご要望をいただきました。

井藤漢方製薬からのご提案

主要ターゲット国の
健康食品トレンドおよび流通情報を提示。

同じアジアでも、国によってトレンドは異なります。まずはF社様から主要ターゲットとなる国をおうかがいし、その国での一般的な販売方法および、それにまつわるリスク等の情報をご提供しました。

その内容をご確認いただいたうえで、商品の提案へと移行。その後、該当国においてニーズのある健康食品、形状、今後の流行予想などの情報をもとに、オリジナル製品を開発いたしました。

現在では、安定した販売を実現されているとのこと。F社様の海外展開の一助となることができました。

ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

TEL:06-6748-9000

月~金(祝日を除く)

午前8時30分~午後5時30分

メールでのお問い合わせ

メールでお問い合わせをご希望の方は、下記ボタンからお進みください。

お問い合わせフォームへ