売れ筋商品の製造拠点を設けたい

ケーススタディ
ケーススタディ

生活雑貨販売業界D社様

ときには、井藤漢方製薬の保有する設備だけではまかないきれない製品仕様や、大ロット製造のご相談をいただくこともあります。

そうした場合でも、お客様とご相談させていただいたうえで設備を導入し、クライアントのご要望に添った生産体制の確立を行うケースもあります。

導入の背景
導入の背景

国内有数の売れ筋商品について、
西日本にも製造拠点を設けたい。

国内有数の売れ筋商品を抱えるD社様。

東日本では他社の工場に製造を委託されていますが、リスクヘッジを考え「西日本にも生産拠点を設けたい」との理由から井藤漢方製薬にご相談をいただきました。価格に関しては、現在委託している東日本の工場と同等、またはそれ以下に抑えたいとのご要望でした。

井藤漢方製薬からのご提案

お互いの利益を担保することで、
新設備を導入した生産体制を確立。

ご依頼の製品は日用雑貨品のため、井藤漢方製薬の保有設備では対応できない製品仕様でした。

そこでD社様とご相談のうえ、中・長期の安定受注のお約束をいただき、新たに設備を導入する運びに。

生産数量、納入単価に見合った生産体制など、D社様のご要望をもとに綿密な打ち合わせを経て、お互いの利益を担保した最良の形での生産体制を確立することができました。

ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

TEL:06-6748-9000

月~金(祝日を除く)

午前8時30分~午後5時30分

メールでのお問い合わせ

メールでお問い合わせをご希望の方は、下記ボタンからお進みください。

お問い合わせフォームへ