ドリンクバーの濃縮ジュースを製造してほしい

ケーススタディ
ケーススタディ

清涼飲料業界H社様

黒酢飲料をはじめ、自社ブランドの健康飲料も多数展開している井藤漢方製薬では、ビン容器や紙パック容器での製造はもちろん、オリジナル性の高い飲料のご提案も可能です。

導入の背景
導入の背景

ドリンクバー用の
濃縮ジュースを製造してほしい。

ファミリーレストランのドリンクバーに、コンク製品を供給しているH社様。

新商品として、ブルーベリー、カシス、アサイーベリーをブレンドした清涼飲料水を検討されており、加水のみでおいしく飲める濃縮ジュースの状態での納品をご希望でした。

井藤漢方製薬からのご提案

ご要望どおりの商品はもちろん、
機能性を付加したものもご提案。

H社様のご要望をもとに、まずは各原料の選定、味付けを実施。また、透明なグラスに注がれるファミリーレストランの飲用シーンを考慮して、色味にもこだわりました。

着色料は一切使用せず、素材そのものの色を活かしながら、素材である「ベリー」のイメージが湧く配合に。同時に、ビタミンCを加えることで機能性を付加したパターンの製品もご提案しました。

H社様からは、「どちらもファミリーレストランに提案したい」と高く評価していただきました。

ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

TEL:06-6748-9000

月~金(祝日を除く)

午前8時30分~午後5時30分

メールでのお問い合わせ

メールでお問い合わせをご希望の方は、下記ボタンからお進みください。

お問い合わせフォームへ