新規事業で健康食品を作りたい

ケーススタディ
ケーススタディ

化粧品業界A社様

よくいただくご依頼のひとつが、新規事業として健康食品を開発したいというものです。

私たち井藤漢方製薬では、自社ブランド商品を多数展開しているノウハウやマーケティングデータをもとに、新商品をご提案しています。さらには試験を実施し、エビデンスやデータをご提供することも可能です。

導入の背景
導入の背景

新規事業として、
効果を実感できる健康食品を作りたい。

現在、インターネットで化粧品の販売を行われているというA社様。

さらに商品展開を充実させていきたいとの想いから、今回健康食品の開発をお考えとのことでした。ただ、いたずらに商品数が増えれば良いというわけではもちろんなく、あくまでも効果が期待できる商品を開発し、自信を持って販売できるものにしたいというご要望をいただきました。

井藤漢方製薬からのご提案

A社様の企業コンセプトと、
ターゲットのニーズに合う商品をご提案。

健康食品事業への新規参入とはいえ、A社様の企業コンセプトから外れたものでは意味がありません。じっくりとお話をおうかがいしたうえで、コンセプトを活かしながらも既存商品とはハッキリ差別化できる商品を数点ご提案させていただきました。

たとえば、メインターゲットである中高年の女性のニーズに沿う商品として、外側からキレイになる化粧品に対し、内側からキレイになる美容サプリをご提案。その他にも需要の多いアイケアサプリや関節系サプリ、ダイエットサプリなどをおすすめしました。

大学研究機関と連携した各試験で、
エビデンスをもとにした販売活動が可能。

開発する商品が決定すれば、綿密な打ち合わせのうえ、配合処方を確定し、試作品を製造します。できあがった試作品に対して、大学研究機関と連携しながら臨床試験や吸収試験などを実施。ケースによっては、社内モニターで体感度を確認し、データを収集することも。ただし、この場合は相応のお時間・費用をいただくことになりました。

その結果、確実なエビデンスやデータをもとに販売活動していただくことが可能に。徐々に販売数量も伸長し、A社様の主軸を担える商品ができました。

ページの先頭へ

お電話でのお問い合わせ

TEL:06-6748-9000

月~金(祝日を除く)

午前8時30分~午後5時30分

メールでのお問い合わせ

メールでお問い合わせをご希望の方は、下記ボタンからお進みください。

お問い合わせフォームへ